加藤氏インタビュ-(伊勢丹webより)

今回のジャケットは、丸縫いで仕立ててるんです。
丸縫いっていうのは、ひとりの職人さんが生地の裁断から、

縫製まで全ての工程をひとりでこなしてるんです。
ようは、テーラーとかオートクチュールに近いんですよね。
元々はスーツでしかやってなかった手法を取り入れました。

ひとりの職人がアイロン掛けまでして、

ジャケットのシルエットを作っていくから、

仕上がりが全然変わってくるんですよ。

今の工場は分業制で袖を作る人、

身ごろを作る人、組み立てる人が

それぞれ分かれてることが多いんですが
丸縫いだと、ひとりの職人が最後にパーツを

縫いあげるところまで考えながらやるから
全部を組み上げたときに、すごくきれいな形になるんです。
もう店頭に並んだら明らかに分かると思います。

生地ってもともとはフラットなものなんで、丸みとかないんですけど、
袖にふくらみが出ていたり、立体的なんですよ、丸縫いのものは。
パーツごとにばらばらに作って組み立てるやり方だと、
ふくらみを出そうとしても人が違うんで、ずれが出てきちゃうんです。
そこがいちばん大きな違いですね。

でも、今回のテーラードジャケットは

あえてそういうやり方を取り入れることで
先ほども話したような、デニムに合わせる

クオリティの高いジャケットの提案に繋がりますね。

着たときに格好良いんですよ、なんか体に吸いついていくような…
もちろん人によって体型も違うんですけれども、

それでもフィットしていきますね。
肩回りのおさまりとかも違うんで、これは着てみてもらいたいんです。

<AAA/トリプルエー>

はヴィンテージを再構築していきたい、とも掲げられてましたが…

古いものの良さって、古い手法で作られてるってとこにあるんですよ。
僕が惹かれるのはそこなんです。

ジャケットだったら、ひとりの人がパイピングをすべてしていたり、
細かい仕様が、すごく丁寧に作られている。
それこそデニムだったら、機械が古いから、生地が違うし。

見た目とか、古いから、懐かしみがあるから、

だから良いんじゃなくて、
ひとつのことに物凄く手がかかっているっていう

クオリティの高さの面で好きなんです。
裏返してみたりすると、分かるよね。

今の洋服の作り方が工業化されすぎてる

ということではないんだけど
そういう昔の手法を知らない作り手が増えてきちゃってるんです。
知らないから、端からそういう手法が

使えないんじゃないかな、と思っていて。
工業化が進むことによって、洋服を作る上で、

ここはこうあるべきっていう手間がかかる部分は

省かれてきちゃってるんですよね。
値段も高くなるポイントだし。

ただそのまま進んでいくと、クオリティが

下がっていく一方になってしまう。
大量消費型のアメリカのように

なってしまうんじゃないかと懸念してるんです。
本来日本て、大量消費型の国民性じゃないじゃないですか。
昔のものを大切にするっていう、

ヨーロッパ型に近いと思うんですよ。
おばあちゃんから、子供に、孫に、って

語り継がれるじゃないですけど、
昔の手法を受け継いでいくことも大切だと思ってます。

例えば、僕の作った服を誰かが買って着てくれて、
その人はもう着なくなっても、そのうち息子が

押し入れとかからそれをまた見つけて、
これいいやん!って履いてくれたりだとか、
そういう風に残ってゆく服を僕は作っていきたいんです。

簡単に捨てちゃわない、着れなくなったけど、

愛着があるから残しておく、みたいな。
今は着れないけど、整理したときに

置いておこうかなって思って貰える服ですね。

<KATO’>を立ち上げて10年経って、

お客さんからそういった反応を貰えるようになって
そういう風に考えるようになりました。

廃らない服、っていうことですね。
親子で<KATO’>に買い物にいらっしゃる方も、

そういった部分に共感されているのかもしれないですね。
最後に、ご自身を一言で言うと…

「日本人」ですかね。

海外で仕事してたときも、

あえて日本人の良さを出して仕事してたかもしれません。
外で仕事することが多かったので、

逆に日本の良さを知ってるというか。
向こうで僕に期待されていたのも、

そういった部分だったと思いますし。

だから日本人らしいものづくり、ということで
まだ日本製にもこだわっていたいのかもしれませんね。

どこでも服は作れるんだけれども、

アイデンティティを持って、作っていたいんです。
そこは、物凄い大事にしていきたいです。

クリックすると大きいサイズでご覧いただけます